筋肉がゆるむ


  • 膣がゆるむ原因には筋肉の衰えが挙げられており、高齢化や運動不足、出産経験などがあります。
    膣の筋肉がゆるんでしまうと性行為のときに満足できないだけではなく、日常生活の中で尿漏れになってしまう可能性があります。
    尿漏れは筋肉の働きが低下する高齢者に多いですが、現在は若い人にも尿漏れの問題を抱えている人がいます。
    膣のゆるみで起こる尿漏れは恥ずかしくて病院へ行けない人もいるため悪化してしまう人もいるのです。
    膣のゆるみを放置してしまうと症状悪化の危険があるため、自宅でも手軽にできる膣トレーニングをすることで少しずつ膣の筋肉を強くすることができます。

    膣のゆるみは基本的に筋肉の衰えなので、筋肉を強化すれば膣だけではなく尿漏れ改善にも繋がります。
    膣トレーニングをすることでダイエット効果も期待することができます。
    トレーニングは道具を何も使わない方法と、インナーボールを使って膣トレーニングを行う方法に分かれています。
    道具を使わない方法ではまず骨盤ほぐし体操をしていきます。
    骨盤は姙娠や出産、日頃の生活習慣で広がっていくため、膣のゆるみや骨盤の広がりが起こります。
    歪んだ骨盤を鍛えれば少しずつ膣の筋肉をつけて骨盤を正常な位置に戻すことができます。
    インナーボールを使ったトレーニング方法では、ボールを膣内に入れて膣を引き締めると効果的です。
    こうしたトレーニング方法を毎日続けていけば膣のゆるみを改善して筋肉をつけることができます。