生活習慣を改善


  • 普段から規則正しい生活をしていると健康体を目指すことができますが、忙しい日々が続くと規則正しい生活を疎かにしてしまいがちです。
    普段から便秘に悩まされている人は骨盤底筋群が広がってしまい、膣のゆるみの問題になってしまうことがあります。
    また膣のゆるみは他にも姿勢の仕方や女性ホルモン、加齢なども大きく関係しています。
    特に便秘は女性に起こりやすい問題の一つなので、膣のゆるみを発生させないためには便秘になりにくい身体づくりを心がけることが重要です。
    便秘にならないためには普段から食物繊維や乳酸菌、ビタミンなどを摂取するのが良いとされています。
    これらの栄養素は腸内環境を整える機能を持っているため、日頃から積極的に摂取することで身体の中にある老廃物を全て排出することができるのです。

    膣のゆるみは食事の改善とともに毎日適度な運動をすると膣圧を高めることができます。
    運動をしていないと膣のゆるみだけではなく身体全体の筋肉が少なくなってしまいます。
    筋肉がなくなることにより脂肪燃焼がしづらい身体になってしまうため、膣を正常な状態にするには適度な筋肉をつけることも必要です。
    膣のゆるみがあると尿漏れになる可能性を高めるのと同時に、大切なパートナーとの性行為で満足できないプレイになってしまいます。
    膣のゆるみは自分自身で判断することが難しいため、相手に言われて初めて膣のゆるみに気付いたという人もいます。
    膣圧の低下は身体に影響を与えてしまうので、気付いたらすぐに生活習慣の改善と膣トレーニングをすることで早く解決できます。
    また自分自身で膣の筋肉を付ける以外に、専門病院で鍼治療やレーザー治療ができます。
    トレーニングで膣のゆるみ改善できないときは、専門病院で膣について相談することで適切な治療が行えます。